星城大学リハビリテーション学院

NEWS

接遇セミナー

新年あけましておめでとうございます.

令和になり初めてのお正月はどうでしたか?

本学院も1月6日より講議が開始し朝から学生達は講議に,国家試験に向けて日々まじめに取り組んでいるところです.

まだ,お正月気分も抜けない1月7日に講師の先生を招いて1,2年生対象の「接遇セミナー」を行いました.

普段学院では滅多に見られないスーツに身を包みピリっとした空気で始まったセミナーは2月から行われる臨床実習(1年生は見学・体験実習,2年生は検査体験実習)にむけて,病院内で求められる社会人として,また医療人としての接遇を学ぶセミナーとなっています.

セミナー開始から挨拶の仕方,立った姿勢や座った姿勢,立ち振る舞いについてしっかり注意され指導をされていました.

気を抜いて見学していた私も自分が注意されているように,教員として感じ襟を正さなければと感じました.

 

1年生はこれから臨床実習で指導者に指導される場面,患者様との対応など初めて経験し,想像でしかなかった病院,リハビリテーションの現場を体験します.2年生は昨年に続いての実習ですので,昨年の反省を生かし今回の実習ではさらなるステップアップを期待してます.そのため今日の接遇セミナーで教わったことを生かして,社会人として,医療人として恥しくない接遇を行い実りある実習にして頂きたいものです.

 

人の話をよく聞き、忘れないようメモを取り、修正・改善し翌日,翌月,翌年に向けて継続していく事がいかに重要か少しでも理解できたのではないかと感じました。